AGAは遺伝する!? | AGAの治療を考えたとき、フィンペシアの通販は便利
中身の見えるカプセル錠

AGAは遺伝する!?

現在、AGAに悩む人は人口の10%いると言われています。
そのなかで男性だけで考えるとAGAに悩む人の割合も増えます。
そんな多くの人が悩むAGAですが、遺伝が大きく関係していると考えられています。
遺伝的にハゲやすい人は、アンドロゲンレセプターがジヒドロテストステロンと結合しやすくなっているため、ジヒドロテストステロンの影響を受けやすいのです。
アンドロゲンレセプターというのは、体内で分泌されるテストステロンや、ジヒドロテストステロンなどの男性ホルモンを受け取る受容体のことです。
このアンドロゲンレセプターの強さは人それぞれで、個人差があります。
産まれた時から遺伝子のレベルで決まっているものになります。
例えばアルコールに強い人、また弱い人がいるように、アンドロゲンレセプターにも感受性の強弱があるのです。

また遺伝的にハゲやすいかどうかは髪の毛のX染色体上のアンドロゲンレセプターを調べることで判断できます。
アンドロゲンレセプターの感受性が強い場合にはジヒドロテストステロンの影響を受けやすく、逆にアンドロゲンレセプターの感受性が弱い場合にはジヒドロテストステロンの影響を受けにくいということになります。
このアンドロゲンレセプター遺伝子検査はAGAの治療をおこなっているクリニックなどで検査することができます。

そしてフィンペシアはテストステロンが5αリダクターゼと結びつきジヒドロテストステロンに変化することを防ぐ薬になります。
今では手軽に通販で購入するこも可能です。
このフィンペシアの治療が効きやすいか、効きにくいかということも検査で調べることができます。