フィンペシアの服用方法 | AGAの治療を考えたとき、フィンペシアの通販は便利
青い薬

フィンペシアの服用方法

通販でも購入できるフィンペシアは5αリダクターゼの阻害薬ですので、AGAを防ぐことができることができます。
AGAはジヒドロテストステロン(DHT)によって引き起こされていると考えられています。
ジヒドロテストステロンとはテストステロン(TH)という男性ホルモンが、5αリダクターゼという還元酵素によって変換されてできます。
これがジヒドロテストステロン(DHT)ができるメカニズムです。
ということはつまり、この5αリダクターゼという還元酵素の効果をなくしてしまえばいいということですよね。
テストステロン(TH)と5αリダクターゼが結びつくことを阻害する作用がある成分がフィナステリドという成分になります。
このフィナステリドを1mg含有するのがフィンペシアとなります。

他にもジヒドロテストステロン(DHT)と関わりのある、前立腺がんの治療薬にもフィナステリドを主成分とする薬がありますが含有量が違います。
また治療する対象が違えば服用方法も違ってきます。
AGAを治療する場合は1日に1回、1錠が目安になります。
AGAの治療を目的にする場合には1日に1mgが最も効果あるとされ、この量より多くなると効果は変わらずデメリット、副作用の方が大きくなるので注意が必要です。

また、服用するタイミングについてですが、服用の時間帯についての具体的な指示は特にありません。
フィンペシアのように、特に服用の時間帯についての指示がない場合には、どのタイミングで飲んでも構いませんが、効果は24時間続きますので、1度服用したら24時間後に定期的に飲むように気を付けましょう。