AGAって一体なに? | AGAの治療を考えたとき、フィンペシアの通販は便利
薬のイメージ画像

AGAって一体なに?

近年、テレビのコマーシャルなどでAGAと言う言葉をよく耳にします。
AGAとは何のことか、よく分からないという人も多いのではないかと思います。
AGAは略称で正式名称は「AndrogeneticAlopecia」といって、日本語に直すと「男性型脱毛症」となります。
一口に言ってしまえば、俗に言うハゲのことです。
ただ俗に言うハゲにも様々な原因があります。
そのなかでAGAとは、成人男性によくみられる進行性の脱毛症のことです。
思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、もしくは双方から薄くなっていきます。
脱毛には脂漏性脱毛症などAGAとはまた違ったことが抜け毛の原因になっているものもありますので見極めが必要です。

またAGAは、そもそもなぜ起こってしまうのでしょうか?
AGAの直接的な原因としてジヒドロテストステロンによって引き起こされていると考えられています。
DHTとはジヒドロテストステロンの略称です。
ではジヒドロテストステロンとは何か?ということなんですが、もともとはテストステロン(TH)という男性ホルモンの一種だったんですが、5αリダクターゼという還元酵素によって変換されたものになります。
DHTはテストステロンよりも毛乳頭細胞にあるアンドロゲンレセプターとの結合力が非常に高く、テストステロンの10倍以上と言われている。
つまり毛乳頭細胞にあるアンドロゲンレセプターにDHTが結合し、髪の成長が止まるということになります。

AGAはこのようなメカニズムで発症します。
このAGAを改善するためにはフィンペシアなどのAGA治療薬を通販で購入して早期治療に励むことが大事なのです。